逆日歩って何?


株取引をする際には様々な専門用語を把握しておく必要があり、それによって取引の種類なども把握することが出来るようになっています。そんな取引の種類のひとつが信用取引であり、これは簡単に言ってしまえば「自分を信用してもらい、その信用を担保にして持っている資金以上に株式投資を行うこと」となっています。 では信用とはどのようなものなのかと言うと、自分の身分証明をすることを指しており、しっかり投資をする能力を持っているということを証明する必要があります。それはまるでローンを借りるようなものと似ていますが、様々な書類などで証明することによって信頼を得て、証券会社からお金を借りて投資すると言う流れになっています。 では、この信用取引のメリットとはどのようなものがあるのかと言うと、何と言っても持っている資金以上の株式投資をすることが出来るようになるという点が挙げられています。通常であれば持っている資金内で投資を行わなくてはいけないのですが、信用取引であれば所持資金以上の金額を融資してもらうことが出来るので、もっと大きな投資にも挑戦することが出来ます。その分、利益も倍額で見込むことが出来るので、大きな利益を期待することが可能となっています。 また、株価が下落した場合であっても利益を得ることが可能となっており、このように株価が下がった株を売ることを空売りと言います。通常であればこの方法では損失になりますが、それで得が出来てしまうところが意外なメリットとなっているのです。