信用取引を始めるには?


信用取引は、証券会社に委託保証金を預けたうえで、買付資金や売却株式を借りて行う株式取引です。 信用取引の利点は、少ない手持ち資金で大きな利益をあげることができる可能性がある(レバレッジ効果)とともに、通常の株式取引では行いえない株式の売却から株式取引へ参加でき(空売り)、株価の下落局面においても利益を得ることができる可能性があるところです。 ただし、この利点は欠点と表裏となっています。証券会社に預けた委託保証金の数倍の資金を使い取引を行う以上、損失もまた数倍となります。この場合、預けている委託保証金では足りないとして証券会社から追加の保証金を求められることがあります(追証)。また、買付資金や株式を証券会社から借りるため、ここに金利が発生します。そして、借りた買付資金や株式は一定の期間内に返済する必要があります。 では、どのようにリスクを抑えればよいのでしょうか、それは多少の株価の上下で追証が発生しないように委託保証金上限いっぱいのレバレッジをかけたり、取引をしたりしないことです。 そして、利用方法のひとつとして、手持ち資金の一部を委託保証金として預けたうえで、手持ち資金の範囲内でレバレッジを設定して空売りを行うことが考えられます。こうすればリスクを抑えつつ株価の下落局面においても投資機会を得ることができます。 信用取引には使い方に難しいところがありますが、手持ち資金が少ない状況においてのレバレッジ効果と株価の下落局面においても投資機会を得られる空売りは大変魅力的です。リスクを理解したうえで、利用の仕方を考えましょう。